2019年12月21日

iOS の再変換が○人だけ中国人になる

何を言いたいのかわからないタイトルだけど事象もよくわからない。


iOS では入力したテキストを選択すると再変換ができる。選択した部分の読みを逆引きし、複数の読みが考えられる場合はそれぞれの候補を出すという、まあよくある機能。画像は iPhone のメモ帳だがブラウザの検索欄でもなんでも。

iPhone メモ帳での再変換の例

これ自体はだいぶ昔からある機能だが、先日妙な挙動を発見した。

「(半角数字)人」を選択すると「人」を「rén」と読む。数字部分が全角や漢数字だと起きず、半角が前置されていても「人」だけ選択したら起きない。

1人をrénと判別したiOS

アクセント符号が付いているし固有名詞かと思ったが Wiktionary で引くと「人」のピンイン表記が確かに rén。他に「個」「日」「時」「棹」などで試したが再現しないので助数詞だからというわけでもなさそうだ。

辞書の盗用を防ぐためのトラップなのか?昔に流行った MS-IME で「ぎれ」→「ピカチュウ」のような。

posted by かぷらす at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください